本文へスキップ

コアラのマークの耳鼻咽喉科クリニック。戸塚はなむら耳鼻咽喉科です。

電話予約は TEL.050-5533-3677

〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町498-11第五吉本ビル5階

鼻出血

鼻出血について

鼻血が出たときに、大切なことはあわてないことです。興奮することで血圧が上昇し、よりいっそう出血してしまうからです。

出血部位は様々ですが、キーゼルバッハ部位と呼ばれる鼻中隔(鼻の真ん中にある仕切り)の前方からの出血が多く、この場合は、自分で応急処置が可能です。

成人では、鼻の癌や白血病などの血液の病気などで鼻血がでることがありますが、一般的な頻度は低く、高血圧や鼻の粘膜の損傷による出血がほとんどです。また、持病のために血液をさらさらにする薬を服用中の方は、一度出血するとなかなか止まりません。

治療

●お子さんの場合

アレルギー性鼻炎や鼻風邪が引き金になります。そのため、鼻水を止める薬や点鼻薬でほとんどの場合コントロールすることができます。

●キーゼルバッハ部位からの出血

左右の鼻の仕切りである鼻中隔の前端部をキーゼルバッハ部位と呼びますが、鼻出血の90%はそこからの出血です。少量の出血であれば、綿球を入れて圧迫すれば止めることができます。しかし、血管からの出血の場合には、出血部位を電気メスで焼灼して止める必要があります。

●鼻の奥からの多量の出血

高齢者や血液をサラサラにする薬を内服している場合、出血部位がはっきりと認められない場合があります。このときには、タンポンを鼻の中に数日間入れて圧迫止血する必要があります。

鼻出血の対処法(軽度の場合)

 @小鼻を15分ほどつまむ

椅子に腰掛けてあごを少し引き、うつむき加減の姿勢で親指と人差し指で小鼻の柔らかいところをつまみ圧迫します。この時、硬い骨のあるところを圧迫しないようにしましょう。のどの方へ流れてきた血液は、静かに吐き出し飲み込まないように。

A綿球を30分つめる

@の方法でも止まらなかったり、出血量が多いときは、鼻の穴より少し大きめの綿球をつめて出血部位を圧迫します。ティッシュペーパーは鼻水や血液でドロドロに溶けてしまうので使わないようにしましょう。何度も交換すると出来たかさぶたが剥がれてしまうため、30分以上はつめたままにします。

綿球はドラックストアや100円ショップで購入できます。

電話予約は
050-5533-3677戸塚はなむら耳鼻咽喉科

〒244-0816
横浜市戸塚区上倉田町498-11第五吉本ビル5階
TEL 045-869-1987
FAX 045-869-1933